女子バレー

ワールドカップバレー 2019 第三戦 VS韓国戦

更新日:

韓国戦は、横浜アリーナまで見に行ってきました!
オリンピックは今のところ見に行く予定がないので、おそらく最後になるかな?という思いで、
韓国戦、特にキムヨンギョン選手。
日本の戦いはもちろん、ヨンギョン選手のプレイを楽しみに見に行きました。

結果はまさかの1-3の負け。

ネーションズリーグでストレート負けをしている韓国戦。
ただし、Bチームでアジア選手権で勝利している分、なんとなく「まあ負けはしないかな?」と感覚的に思っていたのですが、
今大会一番良くない点数で負けました。

スタメンは

・古賀選手に変えてスタートから石川選手
・奥村選手に変えて岩坂選手

OH 石川選手 石井選手
OP 新鍋選手
MB 岩坂選手 荒木選手
S 佐藤選手
L 山岸選手

です。

以下感想です。

どうしても感じてしまう、ミドルブロッカーの課題

岩坂選手はAチーム最長187センチ。
Vリーグでもブロック数は日本人選手の中では上位です。
ただ、去年の世界バレーでも、ネーションズリーグでも、高いチーム相手に出場機会がほとんどありません。
今回は韓国戦。
荒木選手と岩坂選手は1番、2番目に高いミドル陣です。
世界と比較するとそこまで高くはないので、この起用は高さを出したいということかな?と思ったのですが…
高いドミニカ戦よりブロックがかかりませんでしたね…
もちろん、日韓戦ということでもう理解しつくされた相手ということなのですが、それは日本側も同じはず。
逆に韓国のブロックポイントは、ロシア戦と同じく17点…
韓国戦としてはちょっと驚きの数字でした。

ワンタッチの数を見ていても、のちに岩坂選手に代わって入る芥川選手のほうが攻守ともに良かったと思うのですが…
(試合後の監督のインタビューを聞くと芥川選手のブロックがもうちょっとって言ってましたけど、岩坂選手は??という印象)

ロシア戦にしても奥村選手タッチ取ってた印象があるので、身長じゃないんですよね。

ロシア戦に引き続き、レセプションの課題

やはりレセプションが乱れた試合でしたね…
韓国はかなりサーブがいいので、ある程度は覚悟があったと思うんですけど、それでもやられてしまいました。
レセプションが乱れているうちは小幡選手でも良かったのでは?と思いますが、今日は最後まで山岸選手の起用でした。

途中、石井選手が古賀選手に変わったのもそのあたりかな?と思いますが、
石川選手が抜群ということもなく、なんというか全体的に苦しい感じでしたね…
石川選手はすごく良かったんですけど、やはり直前の合宿で合流してそのまま試合なので、
フルで使うというよりはポイントで良かったんじゃないかなと思います。
攻撃は良くてもブロックとの関係や連携などはやはりすぐに対応できるものではないと思うので。
今回やっとリリーフサーバーとして出てきた鍋谷選手が入ればもうちょっとレセプションなり守備が安定したんじゃないかなと思うんですが、
今回鍋谷選手を使う気がないのか…怪我なのか…
惜しいです。

ロシア戦に引き続き、攻撃のパターン

ロシア戦に変わらず、やはりトス回しが後手に回ってるように見えました。
韓国にBチームが勝ったのは、やぱりブロード含む、ライト攻撃が多かったというのがあるのでは、と思うんですが
どうなんでしょう…
関選手がミドル遣うのが上手いとうのもありますが、U20の大会では関選手じゃなくてもミドルをよく使っていた印象があります。
もちろんシニアのほうが高いしブロックが上手いので、ミドル攻撃が難しいのはわかるんですが、
もうちょっと増やしていってほしいところ。

2枚替えについて

今回は2枚替え使いましたね!また、ドミニカ戦でどうしても合わなかった宮下選手と石井選手、今日はトスがあっていて安心しました。
石川選手とは問題なくあってそうなので、今後も2枚替えはどんどん使っていってほしいと思います。

最後の連続得点

マッチポイントを取られた状態での石川選手の連続サーブ。
途中から明らかに入れるサーブに変えていたのに、よく芥川選手がブロックをかけ、後ろでレシーブ、そして石井選手のアタック。
あと1点というところまで追い込みました。
最後はレセプションのミスで終わりましたが、石井選手はほんとに今年、ベテラン陣にも関わらず一番伸びてる選手でもあると思うので、
この1本は気にせず次につなげてほしいです。

キムヨンギョン選手のエース・キャプテンの頼もしさ

韓国を見てると、ポイント1位はキムヨンギョン選手ではないんですが、
要所要所での決め所には前からも後ろからもきっちり決める、レセプション含めた攻守で安定することで、
他の選手が楽に点を取れていたように見えます。
また、点を取った時、点を取れなかった時の様子を見ても、かなり気合を入れていたのがわかりますね。
鍋谷選手がほぼ出ていない状況で、今の日本チームには「引っ張っていく」「流れを変える」ことのできる選手がいないように思います。

それにしてもヨンギョン選手は石川選手をサーブで狙ってましたね。
石川選手の攻撃を潰そうという意図が見えました。

--

--

女子バレーの国内リーグ、VリーグはDAZNでリアルタイムで見れます。

DAZNの登録はこちらから。
1か月無料で試せるのでぜひ試してみてください。

2010年世界バレーで銅メダルとをったときのDVD
竹下選手がセッター、木村沙織選手がエースときの活躍が見れます。
全盛期だったと思う。

-女子バレー

Copyright© Free file , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.