好きなことを楽しんで生きるために。

Free Life

女子バレー

岡山シーガルズと全日本女子バレーが似ているという話。

投稿日:

全日本バレーファンが今期からVリーグを見て、じっくり全チームの試合を見て、一番好きなチームが岡山シーガルズだなと思った。
理由を考えると、岡山シーガルズは世界を相手に戦う全日本チームに近いなと思う。

海外選手が居ない

以前書いた「2018/2019 現在のランキングとチームの印象」の記事で、岡山、日立、NEC、KUROBEは日本人のチームだと書いたけれど、年末の天皇杯皇后杯から年明けにかけて、NECのミドルラーマット・アルハッサン、日立はケガ?調整?のためチームから外れていたラウラ・ヘイルマンが合流し、本当に日本人選手のみで戦うチームは岡山とKUROBEのみになりました。
特にJTのミハイロヴィッチや埼玉上尾のシュシュニャルへのボールの集め方は、全日本と言うより海外チームのようなイメージ。(善し悪しは別にして)
その点、岡山シーガルズやKUROBEはそのような「決定的な選手」がいないぶん、ブロックを散らすために色んな攻撃を使います。
全日本の選手も木村沙織だったり江畑、長岡とポイントを取る選手は居るけれど、そこまであからさまに、「どこに居ても、3枚ブロックが付いても」上げる、というようなことは基本的にみられにくい。
それよりも、ブロックを少しでも減らすためにレフト、ライト、バックアタック、ミドルと多彩な攻撃を使う。
その戦い方は、他のチームに比べて「全日本に近い」と感じます。
もちろんそれは、「絶対的なアタッカーが居ない」という意味でもあるが、完全に好みの話だけれど、私は見ていて面白いと感じる。

守備とつなぎがいい

宮下遥の守備の良さは、なんかもう当たり前のように思われてるのかあまりコメントにも無いけれど、ものすごくレベルが高い。
宮下と同じく金田もレシーブが上手いなあと思う。
この二人は良くコートを飛び交ってるイメージ。
岡山のチームは表情があまり無く、決めて盛り上げるチームではないんだけど、そういうボールへの執着だったり、諦めない精神は見ていて熱くさせる。
そして「守備の良さ」は基本的に「1本目」のレセプション(サーブレシーブ)とディグ(スパイクレシーブ)を指しがちだが、岡山は「繋ぎ」もいい。
宮下は全日本のセッターとしても基本的に「繋ぎが上手い」と中田久美監督にも言われてるように強みだが、岡山全体的にそのような強みはあるように見える。(中でも宮下は特出してる)

そして、守備と言うと前述したように、「レシーブ」に思われがちだけど、そこまで大きな選手が居ない中、ブロックで「引っ掛けてつなぐ」のも上手いように思う。
特に1枚ブロックでも引っ掛けるところは後ろのレシーブを大きく助けてる。

このあたりも全日本のチームに似てるように思う。

攻撃の多彩さ

力や高さで勝てない全日本のチームは、「速さ」と「攻撃の多彩さ」を武器に戦う。
以前全日本で大活躍した高橋みゆきの代名詞が「ブロックアウト」だったように、上から力で叩きつける攻撃ではなく、「とにかく点を取るために考える」のが日本の強さだと思う。
木村沙織も、コース幅の広さや相手のコートを良くみて強打、柔打、ハーフ、フェイントを使い分けるのがものすごく上手かった。
岡山も海外選手が1人、2人いるチーム相手に、多彩な攻撃で点を重ねていく。
特にレフトのWS、佐々木萌がそういう攻撃が上手い。

今シーズン序盤と比べて

今もランキング的にはWESTERN CONFERENCEの最下位だけど、最初と比較して相当安定してきたように思う。
その結果、PFU、KUROBEに勝利、またランキングが上のトヨタ車体に3-1での勝利、皇后杯でJTにフルセットの好戦、東レ戦のフルセット勝ちと徐々に良い戦いをしている。
その代わり、以前のように2セッターなどの攻撃はあまり見なくなったけれど(ちょっと寂しい)特に宮下のトスがものすごく安定してるように見える。
もともと「ミスが少ないチーム」といわれているけれど、最近の試合はほとんどミスを見ない。
それもファンとしては非常に嬉しいところ。

シーズン後半になるにつれ、どこまでいい試合を見せてくれるか、楽しみ。

-女子バレー