ひとえまぶたのコンプレックスと戦い続けた記録。二重への挑戦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンプレックスを晒してみよう、という内容です。

私は両親ともに一重まぶたです。
遺伝って言いますよねー。ずーーーっとコンプレックスでした。

ただし、姉が高校卒業あたりから二重になり、今じゃずっと二重です。(整形ではない)
だから、後天的に二重になるということは十分にありえます

そんな私の一重と戦い続けた過程を晒します。

初めてのアイプチ

中学3年のとき、アイプチが流行ってそれを使ってました。
周りから「やってみなよー絶対変わるよー!」とか「3年続けたらアイプチ使わなくても二重になるんだって!」という言葉を信じ、
毎日アイプチ(アイトーク)を使って二重にしてました(ただし化粧はなし。真面目な生徒!笑)

田舎の中学なので、小学校から同じメンバー
急にまぶたにのりをつけて二重にしたらもうだれにでもばればれ。

それでもよかったんです。鏡をのぞくと二重の自分が映る、それだけで満足でした。

高校2年、3年経てば自然な二重になる、どころか…

高校に入ると、アイメイク+アイプチ で入学当時から二重でいました。
でも友だちには即効カミングアウトした気がします。ノリタイプだから見たらばれるしね…



高校2年の初め、異変が起きました。
唐突に片方のまぶたが赤く腫れ、液体が瞼から出てくる状態。
それでも「今更一重で学校行けない…」と思って無理やり塗ると

「痛い!!!!」

ひりひり沁みて塗ることすらできなくなりました。
瞼が赤く腫れて液体が出てる状態で、アイシャドウも満足に濡れない状態。
仕方なく眼帯をして、片方だけアイプチの状態で学校へ。

でもやっぱり無理ですよね。笑

1度荒れてしまった瞼は、二度とアイトークを受け付けてはくれませんでした。

高校生です。そういうことに何より敏感な時期。
親にも心配掛けるほど落ち込みました。

アイトークだけじゃなくて、糊タイプのアイプチはほとんど試した。でも全滅です。

そういえば、コンタクトだったんですが二重にできなくなったのを期にめがねに戻しました。
そもそもコンタクトが合わなくて、下校時間には目が痛くてしょうがなかったんです。

そういうこともあったので眼科へ行くと、

「さかさまつげだね。まつげが目に刺さってるよ」

と言われ、そこで「医療用の整形で二重にすることもできる」ことを知りました。
しかしそこは医療用。美容外科ではないので、「綺麗さや自然さ」を求めることはできないと言われました。

結局高校時代は、「友だちに男の子を紹介してもらう」ときだけアイプチを使い、
(完全に直ったあとだったらつけることはできた。ただし、使った後はまた腫れるのでしばらくつかえず)
デートはするものの告白されても「いやアイプチだしな…」と、アイプチをした顔で会った人に、アイプチなしで会う勇気がどうしても出ませんでした。
結局誰とも付き合えず。

専門学校のときに寝起きで二重になる

専門学校に入学。北海道から東京に出てきたので、当然だけど誰も知ってる人はいない状態。
無理をせずそのままの顔で入学しました。
けれどメイクはちゃんとしよう。一重でもできるメイクはある!と思って
毎日きっちりビューラーとマスカラ、アイメイクは欠かしませんでした。
通常のメイクは全く肌にも問題なし。

ある日朝来て化粧をすると、二重になりました。
自然な二重はこのときがはじめて。
ただ、少しすると自然に戻ってしまう。

なぜだろう?と考えると

ビューラーの幅 でラインができていたようでした。
毎日押し付けて、ゆっくり何度もまつげを上げて、マスカラをつけてまたビューラー。
その「毎日」が癖になっていたみたいでした。



ギャルメイク全盛期だった

全盛期というと語弊があるかもしれませんが、「付けまつげ」が流行りました。
全体的なはやりだったので、ギャルじゃなくても付け睫付けてました。
Cancanが流行ってた時期で、えびちゃんモデル、押切もえモデル、もう少し後だと 「Ageha」 が流行り、髪もメイクも「どれだけ盛れるか」みたいな時期。

「一重で寂しい目元だからツケまつげつけたらちょっと印象変わるかも?」

そんな気持ちでギャルメイク大好きだった友だちに色々教えてもらって付け睫を装着。

あれ?

二重になった!!!!

二重になりました。
このときの感動は今も忘れない。

「ビューラーで少しだけ癖がついてる」上体で「瞼に重みを付けること」で自然に瞼が二重になりました。
しかも「二重のラインにのりを付けているわけではない」から、目を閉じても自然なまま。瞼同士がくっつくと言うことはありません。
つまり、見た目には「付け睫を付けている二重の人」とあまり変わらない状態になったんです。

そこから23歳くらいまで、付け睫を手放せませんでした。時代もAgeha全盛期。ありがたかった…(笑)
ある程度重みが必要だったので、あまりナチュラルな付け睫では意味がなかったんです。
重いか、硬いか。どちらかが必須でした。

しかしやっぱり糊が…

思えば、アイプチも糊。3年で荒れました。
付け睫も、付けるのは糊です。
じわじわ、来ました。

そのとき私は大恋愛(笑)の真っ最中で、とにかくその人の前ではメイクを崩せないし、未だに「一重である」ことはばれていません。(多分)

なので、涙が止まらなくなったりひりひりし始めて、皮膚科に行きました。
先生には「付け睫辞めよう?」って言われたんですが、「せめて週に1回だけでも…!」と懇願し、薬を出してもらいました。
週に1回だけ、それ以外は薬で瞼を休ませる。そんな生活が続き、大恋愛も終わり(笑)
今の旦那と出会い、同棲するときにすっぴんを見せることになって、でも、そのままを受け入れてもらって、そういう「無茶なこと」を終わりにしました。
受け入れてくれた夫に感謝しかないです…

それでも、デートに行くときは二重メイクがしたい!と思って使っていたんですが、やっぱり無理になってきて、辞めました。
ただ、このとき思わぬ副作用が。

アレルギー反応を起こしたときに使ったものまでアレルギー反応を起こす

たぶんそういうことだったと思います。
付け睫の糊を使うことでおこるアレルギー反応を無視して、「リキッドアイライナー」をその上に塗ってました。
これがなんと、「付け睫ののりを一切使わなくても」リキッドアイライナーだけで、現在も腫れるようになってしまったのです。

これは未だに後悔していることの一つです。
ペンシルタイプを使うしかないのでそうしてますが、やっぱりリキッドアイライナーが使いたかった…

おそらくメザイクならいける

今は家で仕事してるし、結婚もしたし、「どうしても二重じゃないと嫌だ」という場面はそうそうないのですが、
おそらくメザイクならいけます!
過去何度か使ったこともあるんですが、やっぱり「付け睫でできる二重」の自然さには勝てなかった。
下手なだけかな?

あと試してないけど、「ハードコンタクト」で二重になると言う話しは良く聴きます。
PC仕事なのでコンタクトにするつもりがなくて試してないんだけど、いつか試してみようかな。

あとは寝るときに塗ったまま寝ると二重になる、というのも良くありますよね。
多分だけど、「塗るのりタイプ」は私はNG。
「塗るテープ」もダメでした(重さをつけるだけならありかなあと思ったんだけど)

マツエクは二重にはならなかった&やっぱり糊にアレルギー反応が多少出て痒かったです。

あくまで私の場合なので、「マツエクの重みでもいける!」って人も多いと思います。

最近見つけたこれ

そして今になって(30歳)二重っていいなーって思いが再発中。

そしてみつけたこれ。



アイシャドウで二重!!!
これは新しい!!!!

試してみたらまたお知らせします!

無理厳禁

そんなわけで、二重に憧れる気持ちは人一倍わかるつもりです。本当に。何年間戦ってるんだよと言いたくなりますよね。笑
でも、私みたいに

荒れるのを無視して使うこと」にはリスクがあります。
リキッドアイライナー付けられないの悲しい。
でもアイシャドウもなってたかもしれないし、ファンデーションがだめになってた可能性だってある。

私は夫が嫌がるので整形はしませんが、何度検討したかわかりません
あいのりのももちゃんが最近整形すると宣言してましたが、
私みたいに肌を痛めまくってあげく他にもアレルギー反応を引き起こすようなら、埋没方ならありなんじゃないかと思っています。
中学高校で考えていたときよりずいぶん安くなった…

最大40%オフ!大塚美容形成外科の二重埋没法★モニター募集

もちろん「整形しなよ!」とは思いません。
でも、「たかが瞼」ですけど、この効果がどれほど高いのか私は知っています。
特に精神的に。性格すら変わります。

もしかしたら「付け睫で二重」がなかったら、夫とは結婚してなかったかもしれません。
結果的に彼は受け入れてくれたけど、私が全く自信がないままであったら、何も動かず終わっていた可能性があります。

軽い気持ちで整形するのは進めません。だからしっかり考えて、1度の人生悔いのないように生きられたらいいですね。

私もまだまだ探すぞー!(二重の道)



関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。