女子バレー

Vリーグ女子バレー V1 2019-2020 見どころは長岡復帰の久光、移籍選手が強いデンソー。

更新日:

ワールドカップも終わって、今期はすぐにVリーグですね。
V1女子は10月12日に始まります。

VリーグはDAZNでリアルタイムで見れます。

DAZNの登録はこちらから。
1か月無料で試せるのでぜひ試してみてください。

Vリーグ女子バレーV1 2019-2020 見どころ

もちろんものすごく個人的になるのですが…
私はもともと日本代表女子バレーが好きで、去年からVリーグを見始めたので、
今回の見どころは、その日本代表のオリンピックへつながるところを絡めています。

1.長岡選手の復帰・久光製薬スプリングスと日本代表のチーム

なんといっても一番の注目は、長岡選手が復帰です。
日本代表の監督、中田久美監督が背番号「1」を敢えて開けて、
今年のネーションズリーグ中にも「長岡を待つ」「リハビリは順調と聞いています」と発言してますので、
今季の長岡選手の回復具合で日本代表のメンバー入りは間違いないでしょう。

なぜそこまで注目するのかというと、もちろん長岡選手のスキルももちろんですが、
長岡選手が入るか入らないかで日本代表のチーム作りがガラッと変わる可能性がある、と思っているからです。

長岡選手は左利きエース、ポイントゲッターです。
今の日本代表のポジションだと、間違いなく新鍋選手のポジション、セッター対角に入ります。いわゆる「オポジット」の選手です。
ポイントゲッターなので、レセプション(サーブレシーブ)には入らず、前衛だろうが後衛だろうが常に攻撃に入ります。
レセプションに入らないということは、サーブで崩されて攻撃ができない可能性が0だということ。
それくらい「点を取る」ことが役割です。

2012年のロンドンオリンピックのときは江畑選手がこの役割でしたね。

現在の日本代表のポジションは、先ほども書きましたが新鍋選手が入っており、守備固めをしてる位置です。
だからライトから攻撃が減り、レフトへ偏ってしまう。
新鍋選手は守備がメインということもあり、バックアタックは入りません
(ただしワールドカップでは大山さんが、新鍋選手がバックアタックの練習をしていることを明かしましたね。今後みられるのでしょうか)

ワールドカップ前には、「エース3人同時起用」と言ってこのポジションに黒後選手が入るパターンも想定していましたし、
黒後選手のケガがあり、長内選手が入っている試合もありました。

そして今のチームには「ポイントゲッター」がいません。
レフトの選手がバックのときにはレセプションから外れ、バックアタックに備えるという戦術です。
ですので、長岡選手が入ると、レフトの選手がずっとサーブレシーブに入る、ということになり、負担が増えます。

そして新鍋選手がレフトにコンバートでしょうか(過去長岡選手がいたころはそうだったと思います)
日本代表では1ローテ新鍋選手のレフト攻撃が苦しむことが多かった中、このポジションを新鍋選手で行くのか、
久光にも野本選手や今村選手、若手では井上選手もいます。ライト起用が多かった中川選手も、長岡選手復帰でどうなるか。
長岡選手が入った時の新鍋選手の起用は、代表のほうも注目な点です。

また、長岡選手の復帰がレギュラーメンバーに入れるほどまでに回復してくれば、
セッター選考にまで影響があるかもしれないと思っています。

ライト攻撃が中心になると、おのずとライトトスの巧さに定評がある宮下選手の起用から正セッターまでの可能性が浮上する、と思っています。

また、長岡選手ではないのですが、そろそろ岩坂選手が正念場、と言われるようなシーズンになるように思います。
キャプテンですが、代表でなかなか結果の出ない岩坂選手。
オリンピックはおそらくミドルブロッカーの枠は3名です。
ワールドカップの数字で言えば、ほか3名(荒木選手、奥村選手、芥川選手)のほうが上でした。
キャプテンだからと言って安泰とは到底思えません。

以上が「日本代表ファンが今季久光製薬スプリングスを注目する理由」です。

もう1点、去年のMVPアキンラデヴォ選手がチームを去り、代わりに入るブラジルのファビアナ選手。
アキンラデヴォ選手は間違いなく世界トッププレーヤーですが、ファビアナ選手はオリンピック2連覇に貢献、2012年はベストブロッカー賞を受賞している選手です。
東レアローズの去年ベストスコアラー、クラン選手との攻防を期待します。

そして今季より石井選手がキャプテンになるので、そこもチームがどう変わるのか、楽しみです。

2.日本代表選手がそろって移籍!鍋谷選手がキャプテンを務めるデンソーエアリービーズ

移籍の報告を見る度に驚くことが多かった、デンソーエアリービズ。
今季からキャプテンは鍋谷選手です。
前期も鍋谷選手が中心のチームでしたが、若手が多い印象だったデンソー。
石田選手が引退し、そこに入ってきたのは

・奥村麻衣選手(ミドルブロッカー)
・田代佳奈美選手(セッター)
・井上琴江選手(リベロ)
・森谷史佳選手(ミドルブロッカー)

の4名。

奥村選手は代表でおなじみのミドルブロッカー。去年はタイに移籍していました。
森谷史佳選手は久光製薬スプリングスからの移籍です。
過去日本代表に選出されていたり、2011-12では最優秀新人賞を受賞している選手です。

個人的に最も注目なのは
田代選手と井上選手です。

この二人は世界バレー2018に選出され、今年もぎりぎりまで合宿で代表として練習していましたが、
ワールドカップ2019の選出から外れています。
そしてワールドカップはメダルを目指し、5位に終わっている、という状況を考えると、
この二人にとっては(もちろん鍋谷選手、奥村選手もですが)東京オリンピック出場をかける最後のシーズン。
もしデンソーが優勝または準優勝でもすれば…
中田監督は間違いなく見ているでしょう。

ただ、デンソーにはシニアードジャックというミドルの選手がいます。前回はベスト6を取る勢いのある選手。
前季の1シーズンだけ見てても、初期と後期では明らかに巧くなっていました。
セッターも、旗ら田原 愛里選手がいます。身長は低いけれど個人的にすごくいいセッターだと思っています。
そして井上選手は代表ではほとんどディグのみの起用でした。
オリンピックはレセプションができないリベロはほぼないと思っていいでしょう。(レシーバー登録したとしても、レセプション固めが鉄板のため)
まずはデンソーエアリービーズのチーム内でレセプションも担うリベロの座を奪わないことにはオリンピックは難しいと思います。

ここに鍋谷選手や朝日選手を筆頭に、東谷選手や工藤選手、兵頭選手など若いアウトサイドヒッターの選手が多いチームなので、
勢いに乗ってどこまで上位へ行けるか。ものすごく楽しみです。

3.U20、アジア選手権W優勝で活躍した選手がどこまで活躍できるか、東レアローズとNECレッドロケッツ

注目の理由としては同じなので同率で2チーム。
偶然にも代表の若手エースがそれぞれいる、(東レアローズ・黒後選手。NECレッドロケッツ・古賀選手)というのも共通点で、その二人の活躍も気になりますね。
U20で世界で優勝したのは記憶に新しいですが、石川真佑選手がどちらもMVPを取り、日本代表に召集、ワールドカップでも大活躍でした。
その石川選手が今季東レアローズでどう活躍するのか、がもちろん注目の一つですが、
東レアローズには石川選手だけではありません。

・水杉玲奈選手(リベロ)
石川選手と同じくU20の世界選手権大会で優勝した時、アジア選手権では岡山シーガルズの西村選手とともにリベロで活躍した選手です。
水杉選手は去年、内定選手としてすでに後半から東レのリベロとして活躍しました。
若手では間違いなく一番注目のリベロです。

・関菜々巳選手(セッター)
去年、最優秀新人賞を取り、今年代表選手としてモントルーとネーションズリーグを戦い、Aチームからは一度離脱しましたが今度はアジア選手権で、上記の石川選手、水杉選手とともにアジア選手権で優勝したセッターです。
日本が長年課題だと言われている、ミドルの使い方に定評がある関選手、ワールドカップには選出されませんでしたが、今後のセッターの中心になることは間違いないでしょう。
また、東レが優勝すればまだまだ東京オリンピックのセッターもわかりません。

続けてNECレッドロケッツ。

・山田二千華選手(ミドルブロッカー)
石川選手、水杉選手と同じくU20世界選手権・アジア選手権どちらにも中心選手として出場、活躍した選手です。
サーブも良く、身長も184㎝ありながら良く動き、良く打ちます。きっちり強打ができるミドルの選手です。
アジア選手権ではベストミドルブロッカーを受賞しており、
代表選手にミドルの若手がいない現在、大注目の選手です。
ミドルの枠が少ないのもわかっていますが、オリンピック、連れて行ってほしい!
日立リヴァーレの入澤選手とともに、今後ミドルの中心になってく選手じゃないかと思っています。

・曽我啓菜選手
同じくU20世界選手権・アジア選手権どちらにも中心選手として出場、活躍した選手です。
前シーズンを見た限りでは、新鍋選手の後釜はJTマーヴェラスの林琴奈選手か、ライト起用が可能なら埼玉上尾の吉野優理選手かな?と思っていたんですが、
いきなり出てきましたね、守備が良くとにかく良く動く攻撃もいい、曽我啓菜選手。
アジア選手権ではベストオポジット、U20世界選手権ではベストアウトサイドヒッター賞を受賞、石川選手と並んで結果を出してる選手です。

NECレッドロケッツは、去年の時点で山田選手がベンチにすら入っていないことがあったのでぜひ活躍の場を!
曽我選手は、今年からオポジットにベレニカ トムシャとい海外選手が入ることで、どうなるのか不安ですが、ぜひともうまく起用してほしい!

期待しています。

始まる前のVリーグ2019-2020順位予想

選手の情報だけ入った状態で、順位予想してみます。

1位 久光製薬スプリングス
2位 東レアローズ
3位 デンソーエアリービーズ

です。
個人的にはデンソーが優勝してほしい!

そして私は本来岡山シーガルズのファンなので、優勝してほしい!です。

またチームごとの移籍選手や前期との違いは別記事にまとめます!

VリーグはDAZNでリアルタイムで見れます。

DAZNの登録はこちらから。
1か月無料で試せるのでぜひ試してみてください。

-女子バレー

Copyright© Free file , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.