女子バレー

女子バレー 日本代表VSチャイニーズ台北(台湾)戦 2019年8月10日

更新日:

8月10日、日本代表Aチーム(火の鳥NIPPON)VSチャイニーズタイペイ(台湾代表)の親善試合が行われました。

場所は埼玉深谷市のビックタートル。
8月10日はものすごい暑さで、開場13:00、試合開始が14:00の予定でしたが、「先着で選手が入り口で水やパンフを配ってくれる!(初日はBチーム、2日目はAチームの選手が)
というのがあったので、暑さ対策のためおそらく急遽、整理券を配って会場を30分前倒しの12:30、その時間までは各自涼しいところで待てるように配慮がありました。ありがたい。

ビックタートルは、以前Vリーグのファイナル8の最後のほうにも見に行ったんですが、
ここの会場は1階席になると本当にコートが近くて、迫力を感じたい方にはお勧めの試合会場です。
以前は本当にわかりにくくて困ったんですけど今回は国際試合ということもあって、案内の人も多くて迷わず席まで行けました。

1日目はAチーム、火の鳥NIPPONで地上波でのテレビ放送もあるようで、サポーターのジャニーズWESTもいて、全席完売(かな?)
アジア選手権にはBチームの出場が決まっていたため、実質2019年の一番大きな大会、ワールドカップまでの最終試合ということになります。

まだ選手は決定してないということで、

セッターは誰か?
リベロは誰か?
ミドルは誰か?

各々一人ずつ落ちるはずで、その行方も気になりました。
また、鍋谷選手は出場を告知されていながら姿がなかったので、怪我なのか体調不良なのか…怪我じゃなきゃいいなと思います。情報がないので気になるところ…

台湾はそこまで強いチームではないという印象があって、さらに最近若返ったのか、年齢的にはBチームに近いくらい若い。
それでも、ものすごくパワフルなスパイクや早い攻撃、粘りのラリーが見られました。

1セット目

田代選手
黒後選手
石井選手
新鍋選手
荒木選手
芥川選手
リベロに山岸選手。

日本は1セット目は特にレセプションが安定していてトスも安定、序盤からライト、ミドル、バックアタックを多様できていて、
日本のやりたいバレーができてるように思いました。
またサーブも走っていて、相手の攻撃を絞らせることができ、ブロックも相当機能していました。
後半の後ろ3枚に佐藤選手と長内選手が2枚替え。
国際試合とはいえ、台湾は日本より平均身長が低いチーム。
ほぼ完ぺきな試合だったんじゃないでしょうか。

2セット目もメンバー交代なし、途中から芥川選手に代わり奥村選手、
黒後選手に代わり古賀選手(23点くらいのときなので終盤も終盤)に。
1セット目と同じく後半の後ろ3枚を佐藤選手、長内選手の2枚替え。
おそらくミドルのサーブの時にリリーフサーバーとして宮下選手が準備していたようですが、その前の黒後選手のサーブが走り、そのまま終わりました。

2セット目は台湾が攻撃に対応してきたのか、1セット目よりはラリーが増えた印象でした。

3セット目は石井選手、2セット目の後半に交代した奥村選手、古賀選手を残し全員交代。
セッターは佐藤選手、
ミドルに岩坂選手、
ライトに長内選手。
リベロはレセプションに小幡選手、ディグに井上選手が起用。
3セット目途中に渡邊選手が入り、
2枚替えは宮下選手と黒後選手。

これで全員が入りました。
おそらくこの3セット目、ネーションズリーグを見る限りではライトは鍋谷選手が、長内選手は石井選手に変えてレフトだったのでは?と予想します。
鍋谷選手がいないので長内選手がライトに回ったのでは、と。

結果は3-0(25-10、25-13、25-17)のストレート勝利。

以下感想です。

世界ランクもかなり下で若く、身長も高くないチームが相手だったので、よく読めないところもありますが、
この間のオランダ戦のことも考えると

今回の1セット目のメンバーがベストメンバーと考えているのかな?と思いました。
気になるのはリベロが小幡選手ではなく山岸選手の起用。
井上選手は入れ替えで入る(レセプションをしない)と考えると、オリンピックは厳しいのでは、と思うので
小幡選手と山岸選手になる気がします。

ミドルは、岩坂選手が復帰したことにより、岩坂選手、荒木選手、奥村選手、芥川選手になりそうな気がしています。
特に今季芥川選手がかなり良かったように思うので、そのままメンバー入りしそうな気がしています。

ウィングスパイカーは
鍋谷選手がいないのが気になりますが、鍋谷選手が復帰すればこのまま。
新鍋選手の調子が良くないように見えるので、個人的に鍋谷選手は外せないと思ってます。
長内選手も鍋谷選手もレフト・ライトどちらもできる選手ですが、守備を考えると鍋谷選手は新鍋選手に変われる唯一の存在かなと。
ただ、リーグを通してみていたら古賀選手と鍋谷選手がしんどいのは疲労なのでは…とも思います。
新鍋選手や岩坂選手、石井選手、黒後選手もリーグ通して出ていましたが、
鍋谷選手と古賀選手の負担は大きかったんじゃないかと思います。

そういう意味で、古賀選手が復調してこないのもかなり気になっています。
世界バレーであれだけ戦えたのは間違いなく古賀選手が良かったから。
ワールドカップもオリンピックも、日本がメダルを目指すなら古賀選手の復調、活躍は欠かせないと思っています。

万が一鍋谷選手が出られないとしたら…
第一候補はネーションズリーグに帯同していた中川選手でしょうが、
U20で金メダルを取った中心選手の石川選手もありえるのでは、と思っています。
個人的に曽我選手をライト起用に、とも思うのですが登録されていないんですよね…
または、改めて書きますが2日目かなり良かった吉野選手もありかなと。

ただ、オリンピックに長岡選手を期待してるという発言もあったので、
そうなると鍋谷選手は欠かせない、寧ろ新鍋選手に代わって固定されることもあるのでは?と思っています。
新鍋選手、レフトうちもやっていたはずですがここ1年レフトからは打ちにくそうに見える…

そして最大の注目、セッターの話。
残念ながらこの日の起用を見て、宮下選手はないのかなーと思ってしまいました…
台湾チーム相手なら、散々今年試してきた佐藤選手ではなく、田代選手と宮下選手を使う、と思っていたので、3セット目に佐藤選手が起用されたのを見て、宮下選手を起用するつもりはないように見えました。
中田監督になってから、宮下選手がメインでトスを上げてる試合がほとんどないように思うので…個人的には非常に残念です。
今まで、正セッターを佐藤選手か田代選手、サブを宮下選手というのもありかな?と思っていましたが、
そう考えるなら1,2セット目の2枚替えは宮下選手であるはずだったのでは、と。
あの使い方は、佐藤選手が2枚替えで使う可能性も大いにあると、正セッター田代選手、サブで佐藤選手もあるというように見えました。

そうなるとこの二人で決まりか?と思いきや…
最近アップされたワールドカップのCM動画に関選手がいるんですよね…
佐藤選手と関選手のインタビューが公開されています。

世界バレーで、広告に出ていた佐藤選手が直前で変わったことを考えると、どれだけ広告に出ていてもわかりませんが(ケガもありますしね)
合宿に参加していない関選手は「もうない」と思っていたのですが、もしかしたら最後の大逆転、
Bチームのアジア選手権に参加した後(その結果次第では?)合流もあり得るのかな、と思いました。
個人的には、そういう可能性があるなら合宿に行くべきだったのでは、少しでも合わせる時間を作るべきだったのでは、と思うのでどうなるのかわかりませんが。

ワールドカップのパンフレットの「注目選手」の欄には、日本は黒後選手、岩坂選手、古賀選手がピックアップされていました。

ワールドカップまで1か月。
オリンピックまで1年。
メダルを取るにために日本がどう強くなっていくのか…
見守りたいと思います。

--

女子バレーの国内リーグ、VリーグはDAZNでリアルタイムで見れます。

DAZNの登録はこちらから。
1か月無料で試せるのでぜひ試してみてください。

2010年世界バレーで銅メダルとをったときのDVD
竹下選手がセッター、木村沙織選手がエースときの活躍が見れます。
全盛期だったと思う。

-女子バレー

Copyright© Free file , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.