小説

本格ミステリ好きの方にお勧め。「幻夏」太田愛 著

投稿日:

久々に本格ミステリらしいミステリを読みました。

「謎」「暗号」「過去と今」「探偵と依頼者」というミステリらしい要素満載の中から始まり、どこへ向かうのかさっぱりわからない流れの中
徐々につながっていく物語、急展開のピンチ、錯綜する真実、
という「ミステリファンが飛びつきそうな設定がたくさん!」というのが感想でした。

太田愛さんの「幻夏」。
初めて読む作家さんで、本屋さんで何冊かピックアップされていて、
表紙が「店員さんのお勧め」という文章の手書きのカバーがかけられていて、そういうのに弱い私はとりあえず一冊購入。
「犯罪者」が有名なのかな?と思ったけど、上下巻で外すのが嫌だったので1冊で終わる「幻夏」を。

最初に書きます。

太田愛の「幻夏」はシリーズ2作目だから注意!

いやほんと表紙のどこかに書いておいて!!!
だからと言ってもちろんこの1冊で楽しめないことは全くなかったです。
ただ、探偵と助手が出てきたときに「説明少なくない?唐突じゃない?」って思ったのは事実で、それはシリーズ2作目だからだ…と読み終わってネットで検索して気づきました。
でも引っかかったのはその程度。若干この二人が混乱することはあったけど。

破綻のない(多分)ミステリを楽しみたい方にお勧め

ざっくりあらすじは

相馬が幼いころ、短い夏の時期を一緒に過ごした尚と拓の兄弟。
兄の尚が、約束を果たさないまま唐突に行方不明になった。その場にあった不思議な暗号。
23年の時を過ぎ、警察官になった相馬は、全く違う事件でその暗号を目にする。
同時期、興信所の鑓水が、尚の母親から「尚を探してほしい」という依頼を受け、母親は姿を消す。
行方不明のまま見つからない尚と、23年の時を超えて見つけた暗号はどう関係していくのか。

というお話。

久々に、ほんとに久々に、あまり突っ込みどころがなかったです。
私は「ストーリーに破綻がある」と気になっちゃうタイプで、それを凌駕するほどの面白さ、感動、伝えたいメッセージの重さ等があればいいんだけど、
破綻していて感動もなかったら「外れだったなあ」と思うタイプ。
この「幻夏」は間違いなく「トリック」が素晴らしかったです。純粋におもしろかった。
ただ、それだけじゃなくて、
各キャラの人間性がしっかりしていたり、伝えたいメッセージの「核」は社会問題的な話ではっきりしていてよかった。

また、この小説がすごいと思うところは、引っ張って引っ張って最後にドン!というタイプではなく
ところどころに「え!そういうこと!?」っていうトリックの種明かしがあって、飽きない。
2段階になってるところもあって唸らせられました。

内容的には、もっと感動的に書く方法もあったんだろうけれど、私としてはこっちのほうが好みだっただろうと思います。
凝りすぎたトリックでもなく、ストーリに寄りすぎでもなく、人物に寄りすぎでもなく、理想的なバランスというか。

感動的!!!という描写ではないんだけど、最後まで飽きさせず、そして過去の夏にしんみりさせられる1冊です。
私としてはすごくお勧めな本。

特にミステリが好きな人にお勧めです。

作者さん、シナリオライターなんだね、相棒シリーズとみて「なるほどなあ」と思った。
なんとなくキャラクターや内容が映像にしやすい感じだったので。

久々に「いい作家さんを知れたなあ」という嬉しさを感じた1冊でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幻夏 (角川文庫) [ 太田 愛 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/7/10時点)

1作目の「犯罪者」も読んでみます!!

-小説

Copyright© Free file , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.