仕事

【コンサルタント】が軽く扱われてる気がする。論理的思考のススメ。

少し前に、「ブログサロンで紹介されてるマネタイズはブログコンサルになること」という話しを見て、
すっごく疑問がわきまくったので書きます。
(当然、全てのサロンではないし、1次情報ではないので、あくまでそれを事実として考えたことです)

そもそもコンサルタントってそんな甘いものじゃない

結論がこれなんですが(笑)
「自分のブログを成長させたい、ブログでマネタイズしたい、初心者でなにもわからない、仲間が欲しい」人が入るものだと思っていたブログサロン。
それがなぜ、いきなりブログコンサルに?というところは正直入っていない私には理解できないのだと思います。
ただ、自分のブログをどうしていいかわからない人がいきなりなれるようなものではない、と思ったのは事実です。
私は「ブログコンサル」だけではなく、「WEBコンサル」というものが流行ってから、ずーーーっと疑問でした。
少なくとも、WEB制作の片手間に運営アドバイスをするだけの仕事じゃないでしょう、と。

コンサルタントってなんだ?

コンサルタントは一般に、顧客が抱える何かしらの課題を解決する方策を提供している。
優秀とされるコンサルタントは、インファレンス能力(推論する能力)に優れている人が多いことを示すデータがあるともされる。ただし、インファレンス能力があっても、優秀でない人もいるともされ、他にも必要な能力がある[2]ともされている。
近年、コンサルティング業界に属するコンサルタントの業務は、方策を提供するだけで無く、実務まで提供することが多くなっている。ERP、SCMなどのパッケージ、ITシステムの導入や、ワインコンサルタントの場合は購入の方策を提供するだけで無く、単純なワインのセールスも兼ねている事が多い。
日本では、コンサルタントの仕事は2月から3月にかけては年度末の特需もあって、報告書との格闘が続くともされる。
–Wikipedia

何かしら抱えてる問題を解決する方法を提案する仕事ですかね。

続きを読む

批判と煽りと肯定

久々にひどいPMS(月経前症候群)になって、ひどく落ち込んでおります。
急に自分の行き方や考え、「あとでいいや」と思っていたものに対する不安、未来への漠然とした不安などが襲ってきて動悸が止まらなくなる。
女性ホルモンの関係なのはわかっていても、絶望感が襲ってくる。
ちなみにピルを使ってますが、私はPMSには効かないようです…

こんな機会なので、「批判と煽りと否定と肯定」について考えてみました。
ちょいちょいツイッターで「批判ってそんなダメなことなの?」とか「煽り嫌い…」とかつぶやいていたことの意味をまとめてみました。

自分に自信がない自分を認めることが大切

不安の理由はまさに「自分に自信がないから」なんでしょうね。
で、これはよく批判されることのひとつなんですが(「自分に自信がないやつは何をやってもだめだ」とかね。この言葉大嫌いです。)
そう言われたところですぐに変われるものでもないので、私は受け入れようと思っています。

「自分に自信がない自分を認めること」

これによって、生理中とかそういう理由がないときは割りと落ち着いて生きれるようになりました。

否定しても、「自分に自信がない人間はダメなんだ!」って、どんどん追い込まれていくだけなので。

続きを読む

フリーランスの「真面目」は武器になる。

前にも少し書いたけど、私は「真面目だよね」って言われるのが嫌いでした。
「つまんないよね」っていわれてる気がして。
でもフリーランスになって、「真面目」ってすごく武器になる、ということを実感したので
そう思ってる人は自信をもったらいいと思います。

そもそもこのブログの唯一の検索経由でアクセスがあるのが

真面目すぎて仕事が出来ない「過緊張・過真面目」

この記事なんです。
ってことは、「真面目だけど…そのほかに強みがない」って悩んでる人は多いのかな?と思ったのです。

続きを読む

収入源を増やすことによって結果的に良い仕事ができるんじゃないか、という話

私は18歳で北海道の田舎から東京のデザインの専門学校へ出てきました。
グラフィックデザインの学校です。
中学生からHTMLやCSSを弄って(ほぼコピペ!)無料サーバーでサイトを作ってたので
「WEBデザインも勉強したいなあ」って思う気持ちはあったのですが
当時WEBデザインの専門学校はありませんでした。

グラフィックデザインの専門学校 → デジタルデザインの零細企業 → 企業のWEB担当 → フリーランス

こんな経緯ですが、デザインや仕事について感じたことを書いて行きます。

プレゼンが命っておかしくない?

もう結構前の話なので大げさになってるかもしれませんが(笑)
私が行った専門学校は、自由度が高くとにかく 課題 → プレゼン の繰り返しでした。

続きを読む

【お薦めビジネス本】新・独学術

「新・独学術 外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法」 侍留啓介 著

刺さりました。

ビジネスパーソンが実践で使えるスキルを上げるために勉強し続けるための具体的な方法

を教えてくれる本です。

「意識高い」、「意識高い系」というワードが流行るほど、「向上心の高い人」は増えてるはずなのに、
「それだけでいいの?」って思っていた私にその問いの答えをくれた本でした。

私が本に求めるものは、「ネットですぐにアクセスできない、優れた内容の本」です。
私にとってはじめての見解がたくさんあったこの本に、大満足です。

新・独学術 外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法 [ 侍留 啓介 ]

価格:1,620円
(2017/8/13 23:33時点)
感想(0件)

本を購入するときには目次を見るのですが、

・なぜ日本のビジネスパーソンは学習しても能力が向上しないのか
・「意識が高い」だけでは生き残れない

「新・独学術」より

この二つが目に入って購入を決めました。

そして買って正解だったと思ったのは、「はじめに」の中のこの文章を見たときです。

「賢さの正体とは、知識量と論理力にある」

「新・独学術」より

この本は、「知識」と「論理力」を効率よく身につけるための本です。

学生時代で学習が終わる日本人

続きを読む

クラウドソーシングのコンペは辛い。ココナラで待ってたほうが効率的。



クラウドソーシングのお話しをします。
仕事は、WEBデザインやロゴデザインです。

クラウドソーシングとは、発注する側と受注する側を結ぶサイトのこと。
受注や決済をサイトがやってくれるので、営業が苦手だったり、個人サイトで金銭面のトラブル(未払い等)を避けるためには画期的なサービスです。

私が登録したことがあるのは、「Lancars」と「クラウドワークス」です。
他にも色々ありますが、この二サイトがおそらく2大トップ。
「ランサーズ」ではコンペで参加、「クラウドワークス」では発注側でコンペを使用したことがあります。

そこで気づいたのは、「コンペは発注側にとって、ものすごくいい条件である」ということです。

※この記事の体験は2年前ほどのものなので、現在は違う場合もあります。

続きを読む