【お薦めビジネス本】新・独学術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新・独学術 外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法」 侍留啓介 著

刺さりました。

ビジネスパーソンが実践で使えるスキルを上げるために勉強し続けるための具体的な方法

を教えてくれる本です。

「意識高い」、「意識高い系」というワードが流行るほど、「向上心の高い人」は増えてるはずなのに、
「それだけでいいの?」って思っていた私にその問いの答えをくれた本でした。

私が本に求めるものは、「ネットですぐにアクセスできない、優れた内容の本」です。
私にとってはじめての見解がたくさんあったこの本に、大満足です。

新・独学術 外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法 [ 侍留 啓介 ]

価格:1,620円
(2017/8/13 23:33時点)
感想(0件)

本を購入するときには目次を見るのですが、

・なぜ日本のビジネスパーソンは学習しても能力が向上しないのか
・「意識が高い」だけでは生き残れない

「新・独学術」より

この二つが目に入って購入を決めました。

そして買って正解だったと思ったのは、「はじめに」の中のこの文章を見たときです。

「賢さの正体とは、知識量と論理力にある」

「新・独学術」より

この本は、「知識」と「論理力」を効率よく身につけるための本です。

学生時代で学習が終わる日本人



これについては、本でも語られていますが、前の会社でもデータとして見せられたことがあります。
「日本人で、社会人になってから自ら勉強している人の割合が低い」

「就職した会社」で、目の前のことに全力で取り組むあまり、そのほかの勉強をする時間の余裕がないんでしょう。
悪循環ですよね。

「就職した会社に100%の時間を使う」→「その会社でしか使えるスキルでしかない」→「スキルアップの転職ができない」

私のように、大学を出ていない人間には、この状況はチャンスです。
「受験と大学の数年勉強したけど就職して勉強をやめた人」にだったら
「働きながらずっと勉強している」と追い越すができるから。

効率的な学習方法は「大学入試の参考書」を使え

具体的に、ビジネスに必要なスキルとして、

・論理的思考
・政治経済の知識
・倫理
・政治、経済
・現代国語(小論文)
・英語

が上げられています。

それを効率よく短時間で身につけるために、大学入試のための参考書がお薦めされています。
理由は、「高校生レベルの基礎」が、ポイントを押えて説明されているから。

この発想はなかったな、と感じるところがたくさんある本でしたが、
特に

現代文と小論文。

ビジネススキルに現代文?
ビジネス書の書き方で良くない?

って正直思いました。

でも、ビジネスで使う書類を書く、ということは、
「問題の本質を見抜く力」が必要だということ。
「ビジネス書の書き方」はその基礎能力があった上でのスキルである、ということです。
小論文は、本質を見抜き、論理的に考え、それをまとめる力が身につく。

本では「プレゼンや会議に」と想定されてるものだと思いますが、この能力は「ブログ」や「ライティング」、そこからの「アフィリエイト」にも活用可能ですよね。

この章を読むと、「現代文の勉強したい!」と猛烈に感じます。

特に、「抽象的」から「具体的」に、「具体的」から「抽象的に」するスキルの必要性は、面白いです。
ビジネス書では特に「具体的に!」といわれがちなので、「抽象的な考えの大切さ」を考えたこともなかった。

本質的な知識やスキルが先

たくさんのビジネス書が溢れてる中、この本を読んで思ったのは
「小手先のスキルは、基礎があってから」ということ。
そういえば「7つの習慣」を読んだときにも感じたことでした。

「今身につけたい」と思って、例えば「今すぐ使えるエクセルスキル」とか「今すぐ稼げるWEBライティング」とか、
そういうものが無意味とは思わないけれど
長い目で見たら、最初に学ぶべきものは「基礎」なんだということ。

というのは、私もTwitterをやっていて、
「有名な人が言ってるから」というだけで肯定してる人がいます。

情報過多な中、「有名な人が言ってるから、多くの人が正しいって言ってるから正しい」は危険です。

「本質を見抜く力」が、この本に書かれている「知識量」と「論理力」で身につきます。
これは私が前職のときに「論理的思考」の基礎を学んで、心から実感したことです。

反対・反論するのは義務

これも日々情報に触れる中で、「批判するのはダメ」「否定するな」という声があまりに多いことに驚きました。
「反対や反論するのは義務」というのは、著者が働いていたマッキンゼーでは当たり前のことだそう。
会議で無言、または「仰るとおりです」という論理もなにもない肯定は全く無意味である。

持論です。
「誹謗中傷はダメだけど、論理的な批判には価値がある」

と私は考えます。

間違っていてもいい、そこから議論が発展するならそれがプラスになる。

とにかく勉強したくなる本

これほどまで「知識が欲しい」「勉強したい」と思わせる本は初めてでした。
現国・政治経済・倫理・歴史 は好きだった分野だからかもしれませんが。
英語だけは苦手ですが、具体的な内容が書かれていたのでチャンレジしてみます。

「意識は高いけど具体的にどうスキルアップしたらいいかわからん!」っていう方、お薦めです!

新・独学術 外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法 [ 侍留 啓介 ]

価格:1,620円
(2017/8/13 23:33時点)
感想(0件)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。