ブロガーやアフィリエイターの可能性を広げるモナコイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近Twitter(@free_work22)でモナコイン!モナコインすごい!魅力的!って言ってますが、
そう感じた理由を書いてみます。

すごくわくわくしてしまったので、あんまり詳しくないまま書きます。
ご了承下さい…

仮想通貨ってなんか怖い

この感覚は今もあります。「保証がない?消えたら終わり?暴落してもおかしくない?え っ怖くない!?」みたいな。
だって勉強してないから。
よくわかんないから怖いんですよね。
なので私はこれから勉強します。
投資としての仮想通貨は、勉強しながら判断しようと思っています。
(投資自体が初心者なので今年いっぱい他の投資手段含めて勉強がてら始める予定)
なので、仮想通貨やりましょう!的な意味じゃないです…(怖いと思ってるものを人に勧められない)

コミュニケーションツールとしてのモナコイン

私が興味を持ったのはこっちです。
私が最初にモナコインを知ったのは、投げ銭感覚で支援が可能なクラファンアプリ、「Polca」が出てきた当初、
「Wordpressとかに投げ銭できる仕組みがあればいいのになあ」ってつぶやきました。

そしたら、もなこいにすた★モナコインちゃん可愛いさん(@MONACOINISTA)が、
「モナコインという仮想通貨があって、Twitterで投げ銭ができる」ということを教えてくれたのです。

新年になって、改めて夫に「今年は勉強がてら投資をしたい!」という話しをしたら、
夫が「モナコインがほしい」と言い出して、それをTwitterにつぶやいたところ、
RTといいね、リプ、なんと投げ銭も頂き、
なんだこのコミュニティは…すごいな、と思ったところで「まずモナコインを買おう」という結論に至りました。
あの歓迎ムードは背中を押してもらえる。本当にありがとうございます。

すでにMonappyというサイトで製品やサービスの売り買いが可能になってます。
お米やコーヒーも購入可能です!
普通に通貨として実用されています。

ブロガーやアフィリエイターとの相性が良い

Polcaが出た当初、「もっと手軽に投げ銭できないかなあ」と思った理由は、



・Polcaやクラファンは「これがやりたいから支援してください!」という声を上げないとできない。また、「やりたいこと」への支援が基本。(ファンクラブ的なものもありますが、月額払ういうのもちょっとハードル高かったり…)
・有料コンテンツは、「買ってからしか判断できない」。売る側が「売ります!」といわないとマネタイズできない。
・noteにも同じような機能はある(著者を支援する)けれど、noteへの登録が必要。

というところがちょっとネックに思っていたのです。

モナコインの投げ銭は

Twitterアカウントのみで誰にでも可能

この手軽さがとにかく魅力的でした。

このやりとりが一般化したら、

・ブログを「読んでから判断し」、本当にいい情報へ、「ありがとう」の意味で支払いが可能。
・イラストレーターさんの「描いた絵」に対して「応援してます投げ銭」が可能。
・Twitterで為になる情報をくれた方に「ありがとう投げ銭」が可能。
・アフィリエイターさんの紹介で商品を買う決断をしても、ネット通販じゃなくて実店舗で買うことがある。そういうときに、情報をくれた方にお礼ができる。
・紹介されてる商品を「買った」ときではなく「使ってみて、よかった」という意味で、後からの投げ銭が可能。
・紹介する商品や情報に制限がない。

「この商品が本当にお薦め!でもアフィリエイトのシステムがない!」(楽天やAmazonだと安い)というときに、少しでもマネタイズが可能になる。
こういう文化が広まれば、「情報の精度」が上がるのでは?という可能性が魅力的。

今までしょうがなくアフィリエイトの製品を紹介してきた方もいると思います。
(そういう指南書的なブログを結構見た。稼ぎたいなら「いいと思うもの」より「稼げるもの」を紹介しろ、と)



そうじゃなくて、「本当に良いものを紹介する」→「本当に良かった!ありがとう!」と投げ銭する、
という文化が広まれば、
「本当にいいものを紹介できる人」と「本当にいいものを紹介してもらえる人」の信頼関係ができるなあと思うんです。
情報を発信する側の信頼度もますます上がるし、今まで「本当にいいと思ったものしか紹介してこなかった方々」の可能性が広がると思うのです。

私は、あまりに多くのお薦め商品が一気にブログに出てくると、アフィリエイトのASPをチェックします。
大体高額バックが出てきます。

それを頭から批判する気はないです。本当に使ってみて良いと思って紹介してる人もいるので。
ただ、多少なりとも情報の精度が左右されてるのは確かだと思うのです。

投げ銭文化が広まれば、「本当に良いもの」がもっと評価されていくようになるのではないか。
真面目に誠実に「良いもの」のみを紹介してきたブロガーさんやアフィリエイターさんが、もっとちゃんと評価されるのではないか。
マネタイズしにくいイラストレーターさんや動画クリエイターさんたちに直接応援もしやすくなる。

そういう可能性を考えてわくわくしています。

もちろん、投げ銭は個人の自由なので個人の良心によるものだし、一気に稼げるようなものではないと思ってます。
でも、そういう「正しい評価」をされるための一つのツールとして成長していけば、そういう文化が広がれば、可能性は広がっていくんじゃないかなあと思うのです。

とりあえずモナコインを買って色々やってみようと思います!

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。