クリエイティブの可能性を広げるコミュニティが作りたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みに色々と考えることができたなあと思う。

「やりたいこと」は具体的なんだけど、「他にもあるよ、あなたがやる意味あるの?」って自答したとき、
「これが理想!」っていうサービスのあり方を考えていました。

やりたいことは イラスト雑貨 と KIFUYA です。

サービスではなくコミュニティ

ここに行き着くなあと。

「プラットフォームでは限界がある」と考えていたんだけど、
その理由のひとつが、「人間が見えない」ことにあります。



例えば、大手のハンドメイド販売プラットフォームである、minne。
私はこの仕組みを知ったときに、純粋に「すごい!」と思ったんです。
これができる前は、個人がヤフオクで取引したり、個人サイトでECサイトを作ったり(それもBASEやストアーズみたいに0円で手軽にはじめることはできなかった)
月額払ってレンタルボックスにおいてもらったり、とにかくお金と手間とリスクがあった。
今もリスクがゼロではないけど、手軽に低価格で実現できてるのは間違いない。
売り上げの10%ですよ。売れなかったら0円ですよ。これ、冷静に考えてすごいよ。
集客はminneがやってくれますし。

でも、minne利用者の声を見ると、批判の声も多いんです。

「対応が悪い(遅いだったかな?)」
「何度意見を送っても反映されない」
「手数料あるからSNSで売ろう」

他のサービスもそうだけど、プラットフォームにしてしまうと、「使えるツール」になってしまって
人に対する気持ちってなかなか生まれないんですよね。

それこそ今話題のVALUとかもそうだと思う。

そんな冷たい空気を作りたくない

プラットフォームって便利だけど、なんだろう、機械的になってしまうなあって思うんです。
プラットフォームやサービスに対しての「意見や批判」は基本的に合ってしかるべきだと思っています。
だけど、プラットフォームを作ってる人も、本当は「一緒になにかを成し遂げよう」とした人のはずだと思うんですよね。
敵対する相手じゃなく、協力していく相手のはず。

私が作りたいのは

「色んな意見を言い合えて、一緒に作れるコミュニティ」

なんです。
小さくていいから、「みんなで楽しく、より良いものを創り上げていく」。
そんなコミュニティ…クリエイターチームのほうがいいかな?そういうものを作りたい。

あ、でも、作るクォリティは高めたい!
ちゃんと人が求めるものを作って、ちゃんと利益を出して、それを還元したい。
そうすることで、サービスは長く続いていくと思うんです。

可能性は無限大

イラスト雑貨の話になるけど、これって本当に無限の可能性があると思ってます。

・イラストレーターさんと生地からデザインする布製品をつくる
・フォトグラファーさんの写真をプリントして布製品をつくる
・ぬいぐるみ作家さんのぬいぐるみを写真にして布製品をつくる
・アクセサリー作家さんや刺繍、ビーズ刺繍のデザインができる方の作品をテキスタイルにして布製品をつくる
・パターンナーさんとコラボして洋服をつくる

・子どもの始めての絵を記念に雑貨にするサービス
・ペットの写真を雑貨にするサービス

イラストも写真もデザインも、そのほかのハンドメイド作家さんの作品も、今までと違う活用ができる。
アイディア次第できっとまだまだ出てくると思います。
パターンナーさんとコラボができたら、作品の幅が一気に広がってくんだろうな、と妄想してます。
パターンナーさんに知り合いがいないのですが…

「こんな作品あったら面白そう!」
みたいな意見を言い合えるような空気を作るのが理想です。
距離が近くなるとトラブルも起きやすくなるだろうし、難しいのはわかってるんですけどね。

イラストや写真はサービスがたくさんあるので、安く売ってしまう人も多いなあって感じています。
埋もれてしまってるんだろうな。

契約や販売方法など、考えることもまだまだ多いけど、少しずつでも進んでいきます。



関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。