白泉社の「マンガPark」で読んだ作品お薦め!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白泉社の「マンガPark」という無料で漫画が読めるアプリを半年前くらいかな?から入れて、毎日ちまちま読んでます。

マンガPark

昔少女漫画オタクだった私には嬉しいアプリ。(少年漫画やアプリのオリジナルもあり)
昔読んでいた懐かしい漫画や、タイトルは知ってたけど読んでなかったものを読めました。
毎日2度、朝6時と夜9時にポイントが勝手にたまり(80pt)、一話につき20ptで読めるので、毎日8話ずつ読み進められます。(1回CMを見るごとに20ptずつ増やせるのが1日に2回、読み進めるときにも3度だけ使えます)

当時私は「りぼん」や「Cookie」が大好きで、花ゆめやLaLaについては友達から借りることが多かった。
でもその2冊の作品の年齢層が高いこと、深い話が多いことは知っていたので、機会があればと思ってここまで来てしまった。
(清水玲子さん、日高万里さん、ハチクロは中学から読んでた)

白泉社の少女漫画は大人が読んでも面白い。

お薦めです。

今まで読んだものを軽く紹介します。(深く語るときは別記事で語ります)
読んだら増やします。

彼氏彼女の事情

津田雅美
彼氏彼女の事情のリンクはこちらから
有名なタイトルなので絵とタイトルだけ知ってた。でもほんとに1ページも読んだことがなかったんだけど、まさかこんな話だとは
と、2度驚かされました。
1度は普通に2、3話読んで、そのギャグさに。(正統派のどきどきキュンキュンな恋愛ものだと思ってた)
2度目は途中から出てくる不穏な空気と、重さに。
この話は大人顔負けの有能高校生2人が、真っ向から人生や相手に向き合ってぶつかって行くところ。
幼い頃に色々あった結果「賢く」育ってしまった、心の闇と向き合う、その重さ。
「少女漫画?」と侮れない、大人にもお薦めな漫画。

フルーツバスケット

高屋奈月

フルーツバスケットのリンクはこちらから
「彼氏彼女の事情」と同時期くらいの漫画かな?正直、ちょっと同じにおいを感じる漫画。
こちらも「明るく可愛い少女漫画」かと思いきや、それぞれが過去や闇、色々なものに縛られていてそれと向き合っていく重く深い話。
この「主人公がとにかく愛される(男にも女にも)」っていう王道なキャラ設定なんだけど、嫌味なく読める。(ここが彼氏彼女の事情と違う点かな…)

フルーツバスケットanother

高屋奈月
フルーツバスケットanotherはこちらから
これは「マンガPark」限定の、「フルーツバスケット」の番外編?フルバで出てきたキャラクターたちの子供たちのお話し。
各々両親からキャラを思いっきり受け継いでいるけど、主人公はちょっと違う感じ。
連載中です。

秘密ートップシークレットー

清水玲子
秘密ートップシークレットーのリンクはこちらから
目で見た、普段は思い出せない記憶を、死後に脳からMRIという技術で見ることができる…
未来の警察のお話し。ミステリものなんだけど、これは「少女漫画」の枠ではないかな。大人向けだと思う。
殺人、いじめ、虐待、隠蔽、警察の闇や政治など、ドロドロしたものがいっぱい出てくる。
そんな中事件の解決と被害者救済を第一に立ち向かう「薪」と、新人「青木」。
この2人の関係も切ない。
清水玲子さんおなじみの「ぞっとするエンド」ではないので、その辺は気軽に読めます(感動のほう)。
現在発売中の新シリーズに続きます。

秘密season0

清水玲子
秘密season0のリンクはこちらから
薪さんの過去…秘密が明らかになる物語。
青木が「似ている」と散々言われた「鈴木」が活躍。
家族愛とはなにか…と考えさせられる。

ハチミツとクローバー

羽海野チカ
ハチミツとクローバーのリンクはこちらから

3月のライオン

羽海野チカ
3月のライオンのリンクはこちらから

自殺島

森恒二
自殺島のリンクはこちらから

スキップ・ビート!

仲村佳樹
スキップ・ビート!のリンクはこちらから

世界で一番大嫌い

日高万里
世界で一番大嫌いのリンクはこちらから

秋吉家シリーズ(完全版)

日高万里
秋吉家シリーズ(完全版)のリンクはこちらから
(昔単行本を持ってたんだけど完全版になっていたのね…)

性格には「世界で一番大嫌い」も「秋吉家シリーズ」なんだけど、これだけ長編なので短編をまとめたもの。

V・B・ローズ

日高万里
V・B・ローズのリンクはこちらから

ひつじの涙

日高万里
ひつじの涙のリンクはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。